働きたくない薬剤師に知ってほしい、仕事に行きたくないと思ってしまう根本原因

ミスを繰り返して上司から嫌味を毎日言われる…、患者さんの生死に関わるような大きなミスをしてしまい、医師や看護師から仕事ができないレッテルをはられている…、悪口ばかりいうスタッフばかりで休憩時間も休まらない…。こんな理由で、仕事に行きたくないと思っている薬剤師の方は多いのではないでしょうか?

なんで仕事に行きたくないと思ってしまうのか

まず、行きたくないと思っている原因を考えていきましょう。

行きたくないと思ってしまう根本原因は、職場が合わない、仕事がおもしろくないからだと思います。仕事が面白くないと感じるのは、環境が悪いのです。

「ミスをして怒られて行きたくない」「嫌いな人がいる」など具体的な理由がある場合、行きたくないという思いは自分のわがままになってしまいます。

別に何もないのになんか仕事がつまらない、行きたくないという気持ちならば、それは単純な話で、あなたにその職場が合わないのです。



薬剤師が仕事に行きたくないと思う原因はコミュニケーション力と相性

薬剤師は理系なのでコミュニケーションが苦手な方が多いように感じます。人の脳は右脳と左脳で生きています。理系分野は左脳でコミュニケーション能力は右脳が司っているので、理系の人間はコミュニケーション能力が低い人が多いという傾向は避けられないのかもしれません。

しかし、管理職の研修や職場の働きやすさを探求する薬局や病院はあります。そういった、チームワークの良い職場で働いていれば、ミスや人間関係に悩み、仕事に行きたくないという悩みを抱えることがなくなります。



3つの悩みのそれぞれの解決策

(1)ミスが原因で仕事に行きたくない、(2)職場に嫌いな人がいるなどの人間関係が原因で行きたくない、(3)特に理由はないけど、なんか行きたくない

上記3つの原因を別々に解決策を考えてみました。



仕事のミスが原因でそれ以来仕事に行きたくないと思っている


ミスが怖くて仕事に行くのが苦痛だという方は、まず、ミスを怖がらないように堂々とプライドを持って仕事をするのがいいと思います。

ミスを1度すると、気をつけいているはずなのに、何度もミスをしてしまうというケースは多いです。これは、ミスしてしまったことにより萎縮してしまい、判断能力や集中力が低下するから。上司や患者さんから怒られれば気分は落ち込み、モチベーションが保てなくなるのも問題です。

ミスを怖がらずに、自信を持って、仕事に取り組むことが重要です。



嫌いな人がいる、人間関係で行きたくないと思っている


一緒に働く人の中に嫌いな人がいる、職場の人間関係がギスギスしていて働きにくいという場合は、その職場の状況を誰かに話すのが良いでしょう。まずは人に話してスッキリした方がいいです。

心理カウンセラーは患者の悩みを聞いてあげるところから始まります。内にため込んだ鬱々として気持ちを外に発散することで、心的障害は軽減されると実証されています。

人間関係に悩む薬剤師はまじめな方が多いです。上司の悪口を言ってはいけない、人のせいにしてはいけないなど、ため込むのは絶対NG!



特に理由はないけど、いきたくない


なんか仕事にいきたくない…これは、薬剤師に限らず20代後半の女性に多い傾向があると思います。30代になると仕事を割り切れるようになりますが、20代半ばから後半の女性は、職場に未来を求めていると思います。

特に理由はないけど、仕事に行きたくないというのは、その職場に自分の未来がみえないからではないでしょうか。そんなあなたの気持ちに気づいて職場の雰囲気を改善しようとしてくれる職場じゃないなら、自分に合う職場に転職した方がいいと思います。



3つの悩みの共通の解決策

上記3つの薬剤師が仕事に行きたくない悩みには共通点があり、どれも職場の雰囲気が良い、人間関係が良い職場ではないということ。3年は頑張ろうというのは、昭和の考え方だと思います。嫌だからすぐに辞めるというのは良くないと言われていますが、嫌だったらすぐ辞めていいと思います。

なぜなら、あなたが嫌でもその職場で踏ん張って頑張ってる人にとったら、イヤイヤで働いている人と一緒に仕事したくないからです。わがままで辞めたらいけないと思ってるのは自分のエゴなので、ぜひ、転職を考えてみてはどうでしょうか。



「〇〇な理由で今仕事に行きたくなくて、転職を考えてる」と伝える

薬剤師転職サイトをご存知の方は多いと思いますが、求人紹介だけではなく、職場の雰囲気やフォローの体制を調べてくれる転職サイトがあるのは知っていますか?

転職サイトのサービス自体はハローワークと同じですが、有料職業紹介所なので、薬剤師を採用したい企業が転職サイトにお金を支払っています。そのため、有料職業紹介所ですが、仕事を探す方は一切お金がかかりません。厚生労働大臣許可事業所のみがサービスを提供できるので、安心して利用できます。

薬剤師転職サイトはたくさんありますが、私はリクナビ薬剤師が最強だと考えます。こちらから無料会員登録できますが、会員登録完了すると30分後から翌日にコンサルタントから電話があります。そしたら、「〇〇な理由で今仕事に行きたくなくて、転職を考えてる」と伝えてください。

すぐに相談に乗ってくれるので、今薬剤師を募集しているあなたにぴったりの職場を紹介してくれます。



リクナビ薬剤師が良い理由


リクナビ薬剤師は、職場の雰囲気やミスをした時の対応方法など、薬剤師が知りたい情報を事前に調査してくれます。自分で調べる手間がいりません。

リクナビ薬剤師は、日本の就職・転職をリードしてきたリクルートグループが運営します。リクナビを知らない薬局や企業がいないくらい有名な転職サイトです。その組織力とネットワークを活して、コンサルタントは職場の情報を調べてくれます。口コミの中には、他社では教えてもらえなかった職場の詳しい情報を知ることができたというものが目立ちます。

リクナビ薬剤師は、認知度NO.1の薬剤師転職サイトです。自社のアンケート結果ではなく、ジャパン・マーケティン・グエージェンシーという調査会社が算出した結果で、信頼性があります。扱っている求人は常時35,000件以上。求人が業界トップクラスに多いので、より幅広く転職先を見つけることができます。転職条件に妥協してはいけません、妥協しないためには、バリエーション豊富な求人を紹介してくれる転職サイトを利用しないとダメです。

⇒ リクナビ薬剤師に求人を紹介してもらう




仕事が楽しくなるとプライベートも楽しくなる。仕事とプライベートの不思議な関係

最低3年は同じ職場で勤めるべきと言われていますが、人間関係が悪い職場で3年も我慢しては、いつかギブアップする時がくるかもしれません。我慢は最強にやってはいけないことで、薬剤師のうつ病に関する記事に書いた通り、夜寝れない、毎朝仕事に行くのが億劫、食欲がないといった症状は黄色信号です。うつ病や適応障害という病気の可能性もあります。

ミスをしっかりフォローしてくれる、人間関係の良い職場へ転職すれば、毎日見える風景が変わってきます。同世代の人が多い職場で働くと、毎日仕事にいくのが楽しくなるでしょう。

仕事が楽しいとプライベートもうまくいきます。朝早起きしておいしい朝食を作るようになったり、イキイキと仕事ができるようになって患者さんに褒められたり、アフターファイブは平日でも彼氏や家族と外食に行く元気だって生まれてくるはずです。

仕事をしなければいけないことは変えられないことですが、自分らしく前向きに仕事ができるかどうかは自分自信で決められます。

⇒ リクナビ薬剤師の詳細と無料会員登録はこちら





全国の薬剤師求人を網羅!利用者満足度94%!求人票にない情報まで徹底的に調べて薬剤師さんに提供中! >>>