薬剤師の労働時間について

残業なし、お昼休みがしっかり取れる職場が羨ましいという薬剤師の方は多いのではないでしょうか?なぜ薬剤師の職場は残業が多かったり、お昼休みがしっかり取れないのか、その原因を考えて3つの解決策を紹介したいと思います。

労働時間8時間の薬剤師求人って本当にあるの?

毎日家に帰るのが22時近く…
子供との時間が全く持てない…
朝10時からで終わるのはいつも21時過ぎ…
薬剤師募集の残業少なめは当てにならなかった…

薬剤師の転職理由には「労働時間が長い」や「残業が多い」が入ってきていることから分かるように、勤務時間に不満を持っている薬剤師の方は多いです。

ここでは、薬剤師の平均的な労働時間、子育てしながらでも働きやすい残業のない求人の見つけ方、サービス残業のない調剤薬局へ転職する方法を紹介しています。労働時間に不満がある方は参考にして下さい。

始めは、薬剤師の一般的な労働時間についてから紹介します。



なぜ、薬剤師は長時間労働になってしまうのか、長時間労働に悩むわけとは…

残業が続いたり、お昼休みが短いと、体は疲れることはもちろん、心にも余裕がなくなってきますよね。できれば、定時で帰れて、お昼休みが1時間しっかり取っても文句言われない職場で働きたい!それが薬剤師の本音ではないでしょうか。

では、なぜ薬剤師の職場は残業が多かったり、お昼休みがしっかり取れないのか、その原因を考えていきたいと思います。



最大の原因は、どの職場でもギリギリの薬剤師しか雇っていないから


病院薬剤師の配置基準は、一般病床であれば患者70人に対して薬剤師1人、門前薬局は1日の処方箋枚数40枚に対して薬剤師1人です。しかし、患者さんの数も処方箋の数も日によって違います。決まり以上に多い患者や処方箋を扱うことだって多いにありえますが、基準以上に薬剤師を雇用しない職場が多いのが現状です。

さらに、病院では体育会系の雰囲気があったり、早朝出勤やサービス残業は暗黙の了解という職場は多いのも問題ですね。事実上、残業はないけど、実際は労働時間が長いと感じる病院薬剤師は多いと思います。

調剤薬局の薬剤師の場合は、小規模の調剤薬局は労働組合がなく、薬剤師の労働条件を見直される機会が少ないという点も問題です。大手企業や調剤薬局、上場しているドラッグストアであれば労働組合が結成されていて、労働時間や昇給制度の見直しがされますが、小規模の調剤薬局ではワンマン経営のことが多く、働く薬剤師の意見が通りにくいのです。



長時間労働から解放されるために知っておきたいこと

薬剤師の勤務時間の目安は、8時間です。薬剤師の求人票を見ると、朝9時~夕方18時まで、お昼休み1時間という労働時間が多いです。

しかし、お昼休みは忙しくて1時間も取れない、毎日2~3時間の残業をしている薬剤師は少なくなく、薬剤師の平均勤務時間は10時間といっても過言ではないと思います。

では、勤務時間をきっちり8時間にするためには、どうしたらよいのでしょうか?



(1)労働組合・相談窓口に相談する


1つ目は、労働組合や相談窓口に相談する方法です。残念ながら、大手企業や大規模の病院にしかありませんし、すぐに改善されるという可能性は低いかもしれません。しかし、サービス残業やお昼休みを短縮して働き続けるのを我慢するよりは良い方法です。

口頭のみで相談しても効力がないので、残業時間を証明するタイムカードや退勤時間をメモった日記を持っていくのが良いです。体調不良を伝えることも大事です。診断書があると説得力があります。



(2)勤務時間について話し合う時間を作ることを提案してみる


2つ目は、職場全体で勤務時間について話し合う時間を作ることです。

現状の勤務時間や残業時間や改善策をまとめた資料を作り、職場全体で早く帰れるような対策を考えていくことが大事です。

改善策として、調剤専用の機械の導入やパート薬剤師の雇用、チームワークの向上など、定時で帰りやすい環境作りについて話しあってみてください。報告書として上司や経営者に報告するという過程も忘れないでください。

話し合うことに反対する薬剤師もいるかもしれませんが、話し合いを重ねることでコミュニケーションが生まれ、業務のやりやすさを感じるはずです。チームワークが生まれ、例え改善策が実行されなくても効率良く業務が進んでいくことと思います。



(3)時間外労働など薬剤師のワークライフバランスを大事にしている会社に転職する


3つ目は、残業が少なく、お昼休みがしっかり取れる職場へ転職することです。

残業が少なめで週休2日しっかりと休める職場は、大手調剤薬局や大手企業に多いです。上場会社では社員のコンプライアンスが重要視され、労働組合があったり労働監査が入ることもあり、時間外労働や週休制が厳しく管理されています。

しかし、大手企業の薬剤師求人はなかなか目にすることは少ないと思います。人気が殺到するので非公開で募集が行われることが多いからです。



ここでおすすめしたいのは(3)の転職

(1)と(2)は、末端の社員が勤務時間について改善を試みても難しいのが現状です。となると、仕事のために自分を犠牲にすることがない働き方ができる職場に転職するというのが、最も自分のためになる選択肢だと思います。

しかし、自分を犠牲にしない働き方ができる職場なんてどうやって見つけたら良いのかわかりませんよね。薬剤師の人脈で探すのも良いですが、薬剤師専門の転職サイトを使うのが的確です。

薬剤師転職サイトを使う理由は、企業側が応募が殺到する条件を一般の求人サイトやハローワークに掲載しないため、薬剤師転職サイト経由でしか応募がないからです。

そして薬剤師求人サイトにもその情報は公開されることがなく、非公開で募集が行われ、その非公開求人は、会員登録している薬剤師さんのみ情報を得ることができます。そのため、薬剤師転職サイトに会員登録して、転職サポートしてもらうことで、長時間労働の働き方から解放される職場に転職できるというわけです。

では、薬剤師転職サイトの中でも、他社では紹介してもらなかった良い求人を紹介してもらえたという口コミが多い薬キャリについて触れていきたいと思います。

⇒ 薬キャリの公式サイトを見てみる



薬剤師転職サイトはたくさんあるけど、労働時間の悩み解消の転職なら「薬キャリ」が良いと思う

薬キャリは、提携する複数の薬剤師転職サイトの求人を紹介しています。

リクナビ薬剤師やファーマジョブ、メディウェルといった大手薬剤師転職サイトと提携しています。大手薬剤師転職サイトは企業や調剤薬局の認知度が高いので、非公開求人をたくさん保有しているのが特徴です。

武田薬品や大塚HDといった製薬会社、マツモトキヨシやサンドラッグといったドラッグストア、アインファーマシーズや日本調剤といった調剤薬局の求人は多く、薬剤師の労働時間がきっちり8時間で守られているような職場が見つけやすいと思います。


薬キャリってよく見るけど、求人や転職サポートの評判はどうなの?
薬キャリの転職支援内容や利用者の口コミを紹介しています。



仕事も好きなことも両方自分の思い通りに手に入れる働き方は現実にできる

毎日残業だと肉体的にも精神的にも1週間が長く感じますよね。残業がないというだけで、お昼休みがしっかり1時間取れるというだけで、気分はだいぶ変わってきます。

残業なしで定時で帰れるようになれば、家族で夜ご飯を一緒に食べられる時間も増えます。ママなら延長保育料を払う手間もないし、子供に余裕を持って接してあげることができるはず。

独身なら習い事に通ったり、合コンに行ったり、プライベートが充実していくことでしょう。



薬キャリの無料会員登録はたったの1分で入力完了!

薬キャリの求人数は38,000件以上。複数の薬剤師転職サイトの求人を紹介してもらえます。転職は情報が命と言われ、1つの紹介会社ではなく2~3社は登録した方が良い結果が得られるされています。薬キャリ1社に登録すれば、2~3社に登録したと同じです。

また、薬キャリには最大3社まとめて登録できる方法もあります。1回の基本情報入力だけでよいので、仕事や家事をしながらの転職活動は大変です。そのため、薬キャリは、忙しい薬剤師が積極的に利用しているようです。

⇒ 薬キャリの詳細と無料会員登録はこちら



全国の薬剤師求人を網羅!利用者満足度94%!求人票にない情報まで徹底的に調べて薬剤師さんに提供中! >>>