薬剤師とうつ病の関係性について ※うつ病の薬剤師に求人紹介してくれる転職サイトは?

薬剤師の方でうつ病になってしまうという人が増えてきているという事をご存知でしょうか?なぜ薬剤師の方にうつ病が多くなっているのか、どういった原因があるのでしょうか。うつ病の薬剤師が働ける職場はどうやって見つけたら良いか紹介しています。

なぜ薬剤師にうつ病が増えているのか?

夜眠れない…
毎朝起きれない…
食欲がない…

こういった症状で悩んでいる薬剤師の方は多いです。

自分はそんな病気にかかる人間ではないと思っている人ほど、心療内科でうつ病と診断されています。真面目な性格の薬剤師ほど、うつ病で悩んでいる傾向にあります。



自分を責めなくて良いと思う。職場の環境のせいかも

うつ病って職場の人に理解されにくく、苦しいですよね。生活があるし、長く仕事しないわけにもいかない。

まず言えることは、うつ病は、自分のせいではありません。調剤薬局や病院の悪い職場環境のせいでそうなってしまったのです。

人間関係が良く、残業が少なく、しっかり休日が取れるといった、良い職場へ転職すれば、うつ病は緩和されるはずです。

もちろん、転職する時期は、精神科の先生から職場復帰の許可が出てからです。うつ病なのに無理して仕事を続けては、症状は悪化する一方ですし、自分もつらいので避けた方が良いです。



転職する時は、隠すべき?伝えるべき?

うつ病の診断をされてから転職する時は、面接で精神科の通院歴があることを正直に話すか、それとも隠すか、迷いますよね。

隠した方が採用されやすいと思う薬剤師の方が多いでしょうが、職場には正直に話した方が転職後に困ることがありません。

適応障害やうつ病は環境の変化で悪化することもあります。転職後に症状が落ち着いていた症状が悪くなり、職場で動機が激しくなったり、集中力が低下して、仕事でミスをおかすこともあるかもしれません。また、朝起きれない、通勤電車に乗れずに、急きょ休むことになるかもしれません。

そうなった時に、職場がうつ病に対して理解してくれていれば、即首になることもありませんし、有給を使って休みをもらうことだって可能です。うつ病に対して理解のある同僚がいるだけで、自分の気持ちは幾分も楽になります。



鬱であることを伝えたら絶対不採用なのか…


でも、うつ病の経験がある薬剤師なんてどこも雇ってくれないのでは?と不安に思いますよね。

実は薬剤師転職サイトは、コンサルタントが面接前にうつ病の経歴がある点を転職先に伝えてくれます。中には、「うつ病であることは隠して転職しましょう」という薬剤師転職サイトもあるので注意が必要ですが、薬剤師の悩みを親身になって聞いてくれるところを選べば問題ありません。



リクナビ薬剤師に登録して相談してみる


うつ病などの悩み相談にも乗ってくれる薬剤師転職サイトには、リクナビ薬剤師があります。

リクナビ薬剤師は、自分では言い出しにくいことを間に入って転職先に伝えてくれますし、薬剤師のスキルや知識を十分にアピールしてくれます。自分で自分を売り込むよりも、調剤薬局や病院から信頼されている人間がアピールした方が採用につながりやすいです。

リクナビ薬剤師は、調剤薬局や病院からの信頼度が高い薬剤師転職サイトですし、人材紹介に携わって長いです。リクナビは1979年に設立された株式会社リクナビメディカルキャリアという会社が運営。35年以上、医師や看護師といった医療業界の人材紹介を行っています。

医療関連の企業や病院からの認知度は高く、採用側はリクナビ薬剤師が紹介する薬剤師に信頼をおいています。

一方リクナビ薬剤師が薬剤師から人気がある理由は、豊富な求人、丁寧な悩み相談に加えて、スピーディな対応をしてくれるから。最短3日で転職した薬剤師もいます。

会員登録後すぐに5件以上の求人を紹介してくれるので、うつ病を克服して早く社会復帰したい薬剤師にはぴったりの薬剤師転職サイトです。



仕事復帰のタイミングと次の職場選びはコンサルタントと慎重に行う

うつ病はある程度の休養期間は必要ですが、長く働かないと悪化する一方。早めの社会復帰が何よりの治療法とも言えます。

リクナビ薬剤師のうつ病についての相談をすれば、うつ病の経歴を隠しながらビクビク転職活動をすることもありません。

うつ病だって働ける職場はたくさんあります。ハローワークでは探せないかもしれませんが、リクナビ薬剤師のように病院から信頼されている薬剤師転職サイトに相談すれば、無理をせずに働ける職場がきっと見つかるでしょう。

⇒ リクナビ薬剤師の詳細と無料会員登録はこちら





あなたが納得できる求人が見つかるまで徹底的にサポート!転職サイトに載らない情報提供も可能! >>>