当直がきついと感じている薬剤師の方へ

病院薬剤師の最大の悩み、それは、当直がとにかくきつい!という点ではないでしょうか?病院看護師は、年収や福利厚生が安定していますが、当直があるのがネックだと思います。昼夜逆転の生活は、体力的にきつい、休んだ気がしないと悩んでいる薬剤師の方は大勢いるようです。ここでは、病院薬剤師の当直がきついという点について、解決策を考えていきたいと思います。

当直がきついと感じている薬剤師の悩みはどう解決できるのか

病院薬剤師の最大の悩み、それは、当直がとにかくきつい!という点ではないでしょうか?

病院看護師は、年収や福利厚生が安定していますが、当直があるのがネックだと思います。昼夜逆転の生活は、体力的にきつい、休んだ気がしないと悩んでいる薬剤師の方は大勢いるようです。

ここでは、病院薬剤師の当直がきついという悩みについて、打開策を考えて行きたいと思います。



当直がきつい…

20、30代は若さで何とか当直はできたけど、40代以上ともなれば体力的に限界を感じているという薬剤師は珍しくありません。当直明けは連休でないと寝て終わって休んだ気がしないでしょう。

子育てしながらのママ薬剤師の方は、当直明けは3時間程度の仮眠を取ることしかできない、院内保育園であれば当直明けは預かってもらえないのでほぼ仮眠すら取れないという方もいることだと思います。

病院薬剤師の当直がきついという最大の原因は、ズバリ、当直ありの病院に働いているからです。病院薬剤師の待遇が良くて働いている方がほとんどなので、我慢するしかないと感じてしまうかもしれません。しかし、解決策はあります。

また、当直の回数が多いという原因も考えられます。



当直の回数が平均より多いですか?

薬剤師の平均当直回数は、月1~3回と言われています。月1回程度と少なければ何とかやっていける、やりきれると思いますが、月3回もあれば、ほぼ週1です。

頭が痛い、夜眠れなくなった、寝ても寝ても体がだるい、理由なく落ち込むなど、肉体的にも精神的にも体調不良を訴える薬剤師も多いです。

人は慢性的に生活リズムが崩れると、リズム睡眠障害という症状に陥ります。夜寝なければいけない時間に脳が覚醒してしまい、寝る時間が遅くなり睡眠時間が少なくなる、昼間にどうしようもない眠気が襲ってきてしまう、仕事に支障が出るという悪循環に陥ります。



当直を減らしてもらうか、転職をちらつかせるか、本当に転職するか


当直が限界だと感じている薬剤師の方は、当直回数を減らせないかどうか上司にかけあってみるという方法があります。

常勤薬剤師を増やしてもらえないか、当直バイトを増やしてもらうよう嘆願してみることです。子供が小さいママ薬剤師の方は、しばらくの間は当直を免除してもらうよう希望を出してもよいと思います。

当直の回数が多くて体力的に限界と感じているなら、転職をちらつかせるのもありです。

また、本当に転職することも検討した方が良いでしょう。当直回数の少ない病院か、当直なしの職場は意外とあります。



金銭的なことで当直を減らせない時の解決法


病院看護師は、年収高めで福利厚生が充実しているという印象が強いので、当直はきついけど、お金稼ぎたいという思いから頑張りすぎてしまうところがあると思います。また、休みがない、連休が取れないという働き三昧の人生になっているのではないでしょうか。

病院勤務でなくても大手ドラッグストアや調剤薬局であれば、病院に勤めている時と同じくらい、またはそれ以上の年収が受け取れるケースもあります。産休・育休制度が充実していたり、退職金制度が導入されている企業がほとんどです。



当直のない働き方で今の年収をキープできるのか

当直で手取りを稼いでいるなら、薬剤師専門の転職サイトを使って、希望年収を満たす職場を紹介してもらうことが可能です。

薬剤師転職支援サービスは数多くありますが、今回のような当直ありの給料をキープしながら当直のない仕事をしたい場合、薬キャリのような取り扱い求人が多い転職サイトを利用するのが最適です。

薬キャリの求人は40,000件以上と薬剤師転職サイトの中で群を抜いた求人数を誇ります。求人数が多いだけではなく上場企業の求人が多いのが特徴で、当直なしで年収600万円以上、福利厚生が整った求人をたくさん紹介してもらうことができ、さらにマツモトキヨシやツルハ、コスモス薬品といったドラッグストアや、アインファーマシーズや日本調剤といった調剤薬局など、幅広い求人の中から選ぶことができるでしょう。



薬キャリが最適な理由


薬キャリは、月間で9万人以上の薬剤師が利用しています。年間10万人が登録している薬剤師転職サイトが多い中、薬キャリは年間利用者数を1ヶ月で超えてしまう人気があります。理由は、とにかく求人数が多いから。

薬キャリは35社の薬剤師紹介会社の求人を取りまとめて紹介しているので、35社の薬剤師転職サイトを利用して求人を紹介してもらるのと同じです。

薬キャリは、5社に一斉登録できるサービスがあります。薬剤師転職サイトはどの会社でも、まず登録をしなければ利用できません。登録は1~3分程度と簡単ですが、複数登録すれば、同じ情報を何回も打ち込まなければならいので億劫に感じる方も多いことでしょう。

薬キャリは1回の基本情報で5社分に登録できるので、時短で転職活動ができます。


薬キャリってよく見るけど、求人や転職サポートの評判はどうなの?



まとめ

当直がきつい、それはワガママでは終わらない事態になるかもしれません。体調不良を訴えていたけれど無理をして当直を続けていて脳こうそくや心不全で倒れたという薬剤師もいます。そうなる前に、当直なしで病院看護師の同じ待遇で働ける職場を探すのも1つの手かもしれません。

薬剤師として一生、仕事を続けていくこと。それは、当直を始めとして、自分の今のライフスタイルに合った勤務条件を求めていくことがカギを握ります。上司に掛け合う、当直なしの職場へ転職する、このどちらかの手段を取れば当直で眠くてイライラすることも、体調不良を訴えることもなくなることでしょう。

⇒ 薬キャリの詳細と無料会員登録はこちら



あなたが納得できる求人が見つかるまで徹底的にサポート!転職サイトに載らない情報提供も可能! >>>