薬剤師になれば将来安泰は昔の話?!薬剤師に将来性はあるのか

「調剤の薬剤師を続けて退職金なしって不安…」「病院薬剤師だけど年とって当直はやっぱりきつい?」「治験業界に興味あるけど、将来性はどうなの?」など、薬剤師という同じ職業でも職場によって、将来に感じる不安は様々だと思います。ここでは、薬剤師の将来性について、薬剤師の資格を活かしてどういった道を選べば定年まで薬剤師として安泰して働いていけるのか考えていきたいと思います。

薬剤師の将来性を知るために、歴史を知る

まず、薬剤師の将来性を考える上で知っておきたいのが、現在薬剤師が飽和状態という話です。

2009年に薬事法改正が改正され、登録販売者をおけばOTCは販売できるようになりました。それまで、ドラッグストアには薬剤師を1人を置かなけれればいけなかったので、大手ドラッグストアなら大卒1年目でも年収600万円以上なんて薬剤師もいました。

しかし、薬剤師の時給が2,000円以上なのに対して、今は登録販売者は時給1,000円程度で雇えるようになってしまいました。ドラッグストアでの薬剤師の需要は減ってきているのです。

大手ドラッグストアは大手企業や公立病院と同じく、薬剤師にとって高年収・好待遇の象徴でしたが、今は状況が変わってきています。



薬剤師は転職を機に業界の将来に注目した方がいい

薬剤師は、薬剤師が飽和状態になると噂されている今、調剤薬局の将来性、病院薬剤師や治験業界で働き続けることについて考える必要があるといえます。とはいっても、個人の薬剤師が製薬業界や調剤薬局業界の将来、薬剤師の働き方の変化なんて考えられないですよね。

なので、転職を機に数多くの企業に薬剤師を紹介し、将来性のある企業や衰弱気味の企業、薬剤師が活躍できる新しい分野を知っている薬剤師転職サイトを利用するのがおすすめです。転職サイトは、条件に合う求人を紹介するだけでなく、あなたにとって、いつどのタイミングで転職するのが良いか、どのようなキャリアを積むべきかなど、キャリアプランを一緒になって考えてくれます。ハローワークでは、将来のキャリア設計まで一緒に考えてはくれないですよね。

そして、薬剤師が増える中、薬剤師転職サイトも増え続けています。地域限定で転職斡旋する個人コンサルタントからリクルートグループやマイナビなど大手人材紹介会社の薬剤師専門の転職支援サービスまで、数えきれないほどの転職支援サービスがあります。



薬剤師転職サイトは希望にあうジャンルに強い企業を利用する

ここでは、薬剤師のキャリアを相談できる薬剤師転職サイトを2つ、紹介したいと思います。

1つは、マイナビ薬剤師です。コンサルタントの対応が丁寧と口コミが良く、キャリアアップに成功した薬剤師が多いのが特徴です。2つ目は、DODAです。CRAやCRCの企業求人に強いのが特徴です。



一般企業、調剤、病院ならマイナビ薬剤師


マイナビ薬剤師は、一般企業から看護師、医師など医療業界の転職・就職をサポートしています。コンサルタントには、医療業界に詳しい方が多く、調剤薬局、病院、福祉施設の現状や今後の展望についてよく勉強されている印象です。

マイナビ薬剤師のコンサルタントは書面だけで情報収集しないのが特徴です。現地の企業や店舗までわざわざ足を運び、薬剤師の需要や将来性を調査しています。机上の空論で薬剤師のキャリアに関してアドバイスするようなことはしてこないので、信頼して相談できます。

マイナビ薬剤師は、利用者満足度4年連続No.1を獲得しています。15社ある薬剤師転職サイトの中から選ばれた薬剤師転職サイトです。楽天リサーチの調査結果なので信頼できます。

人気の理由は、キャリアプランや不安を親身になってくれるコンサルタントがいるからのようです。薬剤師の口コミを見ると分かります。

⇒ マイナビ薬剤師の詳細・無料会員登録はこちら



CRC・CRAとして働くならDODA


DODAは、CRAやCRCといった企業求人を中心に求人を紹介しています。

転職サイトによっては、CRAやCRCに関するキャリアを相談したいのに調剤薬局や病院ばかり推してくるなんてこともあります。薬剤師転職サイトからしてみれば、人気のCRAやCRCの求人は少ないので、できれば求人が多い調剤薬局や病院へ転職して欲しいと考えているからです。

DODAにはCRAやCRCの求人が豊富にあるので、希望条件でない調剤薬局や病院でキャリアを形成しましょうと無理やり押し付けきません。

DODAは、一般企業の転職を長年サポートしてきた求人サイトです。企業へ転職するということは、調剤薬局や病院と異なった採用試験や面接を受けることになりますが、DODAは職務経歴書の書き方からアドバイス、採用試験の勉強方法、面接対策などCRAやCRCに特化した転職サポートを行っています。

⇒ DODAのCRC(治験コーディネーター)求人の詳細・無料会員登録はこちら

⇒ DODAのCRA(臨床開発モニター)求人の詳細・無料会員登録はこちら



資格をちゃんと活かして、自分じゃなきゃできない薬剤師の仕事を見つける

せっかく学費も頭も時間も削って取得した薬剤師という資格。安心して老後まで暮らしたいものですよね。

自分自信で今の職場で大丈夫?薬剤師って将来あるの?と感じているということは、採用側はもっと将来性のある薬剤師を求めているということです。今、将来性を考えて転職することで、10年後、20年後の自分は経済的にも、肉体的にも、心にも余裕が生まれてくるはずです。

退職金2,000万円以上の職場だから定年まで安心して働ける、土日休みで当直なしだから50代でも体調を崩さずに働けているはずです。年をとっても働きやすい職場で働けてるかどうか、それは、今、将来性を考えながら転職することがカギを握っているといえます。




あなたが納得できる求人が見つかるまで徹底的にサポート!転職サイトに載らない情報提供も可能! >>>