休みが少なく連休もとれない! 病院薬剤師の最大の悩みを解決しよう!

薬剤師は、土日が確実に休めるサラリーマンやOLが羨ましいと思う方が多いはず。特に、病院で勤める薬剤師は土日に確実に休める保障もない、連休なんて取れないと悩んでいる方がほとんどだと思います。ここでは、どうして薬剤師が連休が取りいくいのかその原因を考え、どうしたら希望通りの休みが取れるのか考えて行きたいと思います。

薬剤師の「休みがない」という悩み

薬剤師は、土日が確実に休めるサラリーマンやOLが羨ましいと思う方が多いはず。特に、病院で勤める薬剤師は土日に確実に休める保障もない、連休なんて取れないと悩んでいる方がほとんどだと思います。ここでは、どうして薬剤師が連休が取りいくいのかその原因を考え、どうしたら希望通りの休みが取れるのか考えて行きたいと思います。



病院薬剤師は人気の職場なのに人手不足?

病院薬剤師は、土日祝日に日直やら当直やらが入り、連休の休みがほぼなしという月が多いことに不満を覚えている薬剤師は多いことでしょう。世の中がお休みの日に家族連れやカップルで賑わう街を横目で見ながら、嫌々出勤するなんてこともあるはずです。

当直手当なんて微々たるもの。薬剤師が足りなくて平日に代休が取れないなんて話もよく聞きます。



人手不足の原因は、病院が薬剤師をぎりぎりの人数しか配置いないから


では、どうして病院薬剤師は、ここまで休みが取りにくいのでしょうか?

その原因は、病院は365日、必ず1人は薬剤師を置いておかなければいけないこと、また、薬剤師が足りないことが挙げられます。

調剤薬局では土曜日は出勤があったとしても、日曜はターミナル駅付近の薬局でなければ確実に休みですよね。お盆やお正月、GWといった大型連休も調剤薬局はしっかり休めます。一方で、病院薬剤師がいる病院は大規模な病院が多いので、365日いつでも院内で薬剤師が対応しなければなりません。

病院の規模によって薬剤科に在籍する薬剤師の人数は変わりますが、患者70人に対し薬剤師1人が配置基準です。この基準ギリギリの薬剤師の人数で回している病院がほとんどで、十分に薬剤師がいないので連休が取れないという事態に陥っているというわけです。

一方で、薬剤師の配置基準はアバウトなところでもあります。入院患者70名に1人の配置であれば問題ないですが、救急に来る患者数は日によって異なります。忙しい時もあれば今日は暇だったと感じるくらい救急患者が少ない時もあります。

薬剤師が足りているかどうか、休みが取りやすいかどうかは、配置基準通りに薬剤師を置いていても、実際の忙しさは働いていみないと分からないということです。



連休が取れる職場で働きたい場合、どうすればいい?

では、連休を取るためにはどうしたらよいのでしょうか?



部長に掛け合う


1つは、管理薬剤師や薬剤部長に掛け合ってみるという方法があります。1人で話しをしに行っても単なるワガママとして判断される可能性が高いので、仲の良い同僚と複数で話しに行くという方法がベストです。

話し合う場では、ただ連休が欲しいと話しに行くのではなく、連休を取る間は他の薬剤師が助け合って出勤するといった、代替え案を提示することも大切だと思います。



転職先を入念に探す


2つ目は、連休が取りやすい、希望休が通りやすい病院へ転職するという方法です。転職する時は、求人票に記載されている年間休日日数や有給消化率はあくまで参考程度に見て、実際に働く薬剤師の声を聞くように心がけましょう。転職をしたことのある薬剤師ならご存知だとは思いますが、求人票の情報ほど当てにならないことはありません。

希望の病院に知り合いがいるという場合なら聞きやすいですが、実際に話を聞けるケースは少ないと思います。転職する時は、職場見学したり、救急の忙しさを噂レベルで聞いて判断するという方法しかないでしょう。



しっかり休みが取れる職場で働くことの大切さ

休みは仕事へのやる気のバロメーターだと思います。いくら年収が良くても連休が満足に取れない、希望休が通りにくいような職場であれば長く務めることはできませんよね。

今まで我慢していたことが実現できるかもしれません。お正月やお盆に実家にゆっくりと帰れることができたり、大学時代の友達と海外旅行を楽しめる時間を持つこともできるようになります。

しっかり休んで息抜きができるからこそ、仕事を好きでいられる、ちゃんと仕事で活躍できるように勉強できるのだと思います。



実際働いてみないと休みがちゃんと取れるかなんてわからないでしょ?というのは昔の話

転職サイトの存在は利用したことがない方でも知っていると思います。薬剤師の転職支援、薬剤師へのお仕事紹介を専門に扱っている転職サイトはたくさんあり、当サイトだけでも8つの転職サイトを紹介しています。

「休みがない」という悩みについてより希望を満たす職場が見つかる転職サイトとして、ここでは「リクナビ薬剤師」を紹介したいと思います。

リクナビ薬剤師は認知度No.1を獲得している、1度は聞いたことがある薬剤師転職サイトだと思います。多くの薬剤師が利用しているために、リクナビ薬剤師を使って希望の病院に転職した、または、その病院から転職した薬剤師から話を聞くことが可能というわけです。万が一、その病院に転職実績歴がなくても、担当のコンサルタントが事前に徹底的に調査してくれます。

連休の取りやすさや当直の忙しさを自分で調べなくても、専任のキャリアアドバイザーがすべて調べてくれます。転職先を選ぶための情報というのは、転職サイトのサービスが活性化したために本当に充実しており、楽に転職先が見つかるし、転職後の後悔も減っているのです。



なぜ、リクナビ薬剤師なのか


リクナビ薬剤師が1番重要視しているのは、キャリアアドバイザーの教育です。

ネット社会が進み、ネットを活用すれば薬剤師の転職情報が手に入れられる時代ですが、リクナビ薬剤者は「転職は結局は人と人同士の関わりが大切」と考えているようです。そのため、リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーは親身になって薬剤師の悩み相談に乗り、それを解決できるように希望の病院の休み事情を調べてくれたりします。

リクナビ薬剤師のHP上には、キャリアアドバイザーが紹介されている程です。大手だから甘んじずに適当に転職サポートをしない、それがリクナビ薬剤師の口コミが良い理由の1つといえます。

リクナビ薬剤師には全国35,000件以上の求人があり、業界トップクラスです。薬剤師転職の他にも、医師や看護師の転職もサポートしているので、病院からも信頼度が高く、質の良い病院求人が多いのが特徴です。

年休が多い病院が探しやすいですし、コンサルタントが実際の希望休の取りやすさを調べてくれるので頼りになると評判が良いです。

⇒ リクナビ薬剤師の無料会員登録はこちら




全国の薬剤師求人を網羅!利用者満足度94%!求人票にない情報まで徹底的に調べて薬剤師さんに提供中! >>>